スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遺留捜査の感想

遺留捜査の感想 第2話 母子手帳と裂けたおみくじ

若い女性(山入端佳美)が、生後8カ月のななちゃんを残して殺害される、という事件でしたが・・・・・

「母子手帳と裂けたおみくじ」というサブタイトルからもわかるとおり、正直、かなり切ないお話でした。

個人的に、犯人は、最初のほうで大体わかってはいたものの。

まるで、格差社会をそのまま表しているような。

そんな感じの事件だったかと思います。

あと、鑑識係のやり取りですけれども。

「私に3分だけ時間を下さい」というセリフが、少々白々しかったですかね(^_^;)

キャラ設定が濃すぎていたような気がしないでもなかったです(^_^;)

まあ、遺留品から事件の真相に迫っていくという、このドラマの本質はよかったんですけどね。


ちなみに、主題歌はMISIAさんの「記憶」。

ドラマはもちろん、主題歌もとっても良い曲です♪



【送料無料】記憶(初回生産限定盤)


遺留捜査の感想ブログ

遺留捜査の感想

遺留捜査の感想 第1話 玩具のピアノと乱れた足音

テレビ朝日系列のドラマで、原作はなく、脚本家によるオリジナル脚本ということで、さっそく見てみたわけですが・・・・・

それほど生々しい事件もの、というわけでもなかったですね。

わたしは、本格的な刑事ドラマを想像していたのですが、悪く言えば当てが外れたという感じ。

ですが、そんなに残酷なシーンもなかったので、そういうシーンが嫌いという方でも見られる刑事ドラマに仕上がっていたと思います。

被害者が残した“被害品”に込められたメッセージ。

それを主人公・糸村聡(上川隆也)が読み取ることで、被害者が伝えたい気持ちなどを伝えるというもの。

第1話では、財津陽一(橋本さとし)と婚約者と間の人間関係や、そこに財津の悲劇を絡めることで、事件がドラマチックに描かれていると感じました。

事件の謎はけっこう複雑だったものの、糸村さんがてきぱきと解いていくところがすごかったですね。

ただ、同じ系統の刑事ドラマ・臨場よりも、主役のキャラが立っていないというか。

そんな印象を受けたのも確か。

まあ、まだ最初のお話なわけですからね。

上川さんは、NHK大河ドラマ「功名が辻」でも演技が上手だったため、今後の活躍に期待しているところです。


ちなみに、主題歌はMISIAさんの「記憶」。

ドラマはもちろん、主題歌もとっても良い曲です♪



【送料無料】記憶(初回生産限定盤)


遺留捜査の感想ブログ
おすすめ商品

楽天で探す
楽天市場


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。